エンジン始動しません。HSR42キャブについて

2


Subject: エンジン始動しません。HSR42キャブについて
========================================
From: ウンパルンパ
Date: 2007/01/14(日) 14:06:28

89年エボにミクニHSR42をつけています。4ヶ月ほど前にスターターを壊してこちらで色々と教えて頂きやっと新しいスターターに換えていざエンジン始動!と思ったらかかりません。バッテリーも新品にかえてあります。プラグからの火花も確認しております。スターターを回すとブリーザーからオイルがドボドボと出てきます。少しでもキャブを開けるとスターターが回らなくなります。でキャブのフロート室の下から出ている細いチューブからガソリンがちょろちょろと出てきます。どなたかこの説明で原因がお分かりになる方、助けてやってください。よろしくお願いします。
========================================
From: 90
Date: 2007/01/14(日) 16:06:33

4ヶ月動いてなければ再スタートは容易とはいかないかもしれません。プラグを外してセルをある程度まわしてみてはどうですか。

それでだめならキャブのオーバーホールをすれば。
原因を特定するのも時間がかかるし難しいのでバラして清掃するのがいいと思います。
フロートボウル、メインジェット、パイロットジェット、ジェットニードル、エアスクリュー、チョークケーブルを外して通路、外したパーツをキャブクリーナーで清掃。
ガムのような不純物がこびり付いていれば取り除いてください。
エアスクリューの戻しは2回転戻しが工場出荷時の基本設定ですので参考にしてください。
フロートレベルの確認はフロートバルブが働いた時点でのフロートケース側面からフロートの上部(端)への距離は、18mm+-2mmです。

取り付け時、二次エアーも留意してください。
場合によってはインテークマニホールド用、インテーク用ガスケットは交換したほうがいいかもしれません。
>少しでもキャブを開けるとスターターが回らなくなります。
吸気が抵抗になる場合もあるようで、クランキングしてからアクセルを開けるようにすれいいです。
マニュアルによると始動時のチョーク使用の基本はアクセル全閉で働くように設計されています。が、現実はままならないですね。
========================================
From: ウンパルンパ
Date: 2007/01/14(日) 21:58:42

90さん早速ありがとうございます。プラグ(2本とも)をはずすと元気よくスターターはまわります。
やっぱりキャブレター分解ですね!
自分はど素人なものでかなり緊張しますが、今度の休みにやってみます。(汗)また不明な点が出てくると思いますのでその節はまた面倒をみてやってくださいまし。
========================================
From: FXST改
Date: 2007/01/19(金) 10:47:55

ガソリンは腐る!と言うか成分の中で蒸発してしまうのがあります。
また変質して始動すると壊してしまうケースもありますから、
もしガソリンが古いままでしたら90さんのアドバイスの通り
キャブの分解およびタンクの清掃をお勧めします。
錆が発生しているかもしれませんね。
燃料フィルターが無い場合は余計可能性が高くなります。
========================================
From: ウンパルンパ
Date: 2007/01/19(金) 20:54:39

FXST改 さんありがとうございます。ガソリンは全量を新しいものと交換してあります。燃料フィルターも付けてあります。とりあえず今度の休日にキャブの清掃をしてみます。その際はまたご報告させて頂きますのでよろしくお願いします。
========================================
From: ウンパルンパ
Date: 2007/01/22(月) 20:19:58
Solved: on

昨日キャブレターを掃除しまして始動を試みましたらセル一発でエンジンがかかりました。やはりご指摘どおりキャブレターのゴミが原因だった様です。90さん、FXST改さんありがとうございました。またお世話になると思いますので、その節はまたよろしくお願いします。

【関連するスレッド】



COUNTER

CATEGORY