JBR Bike Relations株式会社が、ハーレーダビッドソンユーザーの加入条件を緩和

3

バイク盗難補償サービスを展開するJBR Bike Relations株式会社が、ハーレーダビッドソンユーザーの加入条件を緩和いたしました。

JBR Bike Relations株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:宇佐見 栄邦)は12月7日、バイク盗難関連情報サイト『JBR Bike Relationsバイク盗難補償』にて、ハーレーダビッドソンユーザーへのバイク盗難補償サービス加入条件を緩和するため、「バイク盗難補償会則」第1 条11項「規約の廃止・変更」に基づき、会則を以下の通り一部変更致しました。

【変更・追加箇所】
1.文言削除
ハーレーダビッドソンでの申込み条件であった、ココセコム契約を撤廃いたしました。

■平成20年12月7日以前の規定■
第1条(会員規定)
1.会員
本会の会員は、日本国内に居住し二輪免許(原付免許を含む)を所有する方で、
国内外メーカーの二輪若しくは、原動機付き自転車を所有する者とします。
(ローン中の二輪車についても所有二輪車とします。) 
ただし、ハーレーダビットソン製車両に関しましてはココセコム契約車両のみと致します。

■平成20年12月7日以後の規定■
第1条(会員規定)
1.会員
本会の会員は、日本国内に居住し二輪免許(原付免許を含む)を所有する方で、
国内外メーカーの二輪若しくは、原動機付き自転車を所有する者とします。
(ローン中の二輪車についても所有二輪車とします。)

JBRバイク盗難補償会則はこちら
http://jbr819.com/club_rule.html

『JBRバイク盗難補償』は、バイクの時価額に応じて再購入費を補償するシステムで4つのコースから自分のバイクにあった補償を選ぶ事ができます。中古車で購入した人も査定表を元に加入できます。 
どのコースにも標準で<バイク盗難補償><鍵穴いたずら補償><パーツ盗難補償><ロードサービス>が付いてインターネット上での申込みも可能。クレジットカード決済、コンビニエンス決済、銀行振込が選べます。入金翌日から補償スタートなので、急いで加入されたい時も安心です。
また、国内唯一となる絶版バイク・旧車バイク専用の盗難補償サービスにも加入ができ、<バイク盗難補償>・<パーツ盗難>・<ロードサービス>のJBRの安心3大補償でライダーをフルサポートしています。バイクが盗難されても補償金が出るのでまたバイクが買えます。

【JBR Bike Relations 会社概要】
東証一部・名証一部上場企業ジャパンベストレスキューシステム株式会社(http://www.jbr.co.jp/)の100%子会社として、WEBサイトによるバイク会員事業専門会社です。ネットで簡単に申し込めるバイク盗難補償サービスの提供とバイク盗難情報サイトの運営をしています。
所在地:愛知県名古屋市昭和区鶴舞2-17-17ベルビル5F
代表者:代表取締役 宇佐見 栄邦
設立:2005年11月25日
資本金:3,000万円
URL:http://www.jbr819.com/
事業内容:バイク会員制事業、バイク保険事業、バイクメディア事業、バイクパーツ用品通販斡旋事業

【関連するスレッド】

返信(1)

  • JBRって盗難保障やってんのね。
    けどココセコムなんてそもそも加入条件からして無理でしょう。




COUNTER

CATEGORY