クロスボーンズ リコール

1
242357.jpg


ハーレーダビッドソン・ジャパンはFLSTSB、ソフテイル・クロスボーンズの制動装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2008年1月18日から2009年5月1日に輸入された764台。

ブレーキキャリパーブラケットとフロントブレーキリアクションリンクを接続しているボルト(エイコーンスタッド)の設計が不適切なため、ボルトが緩み、走行中にボルトが脱落してブレーキをかけた際にハンドルをとられ、転倒するおそれがあるそうだ。

全車両、対策がされたエイコーンスタッドに交換・抜け止めピン取付けによる対策が行われる。
不具合や事故はいまのところ起きておらず、予防的な対策のためのリコールの模様。。



国土交通省発表によるクロスボーンズのリコールの詳細はこちらから(PDFファイル)

【関連するスレッド】



COUNTER

CATEGORY