おじさんライダーを狙え

3
オートバイの売れ行きが急速に冷え込んでいる。日本自動車工業会の統計で2008年度の新車販売台数を比較すると、軽自動車を除く4輪車(登録車) は前年度比15%減だが、オートバイは同23%も落ち込んだ。大排気量の高級オートバイが売れて堅調だった小型2輪車(排気量251cc以上)市場も、昨 年10月からは前年割れが続く。

 逆風下のオートバイ市場に新しいビジネスが根づきつつある。オートバイを時間貸しする「レンタルバイク」だ。

 2007年からレンタルバイク店「レンタル819(バイク)」を経営するキズキ(東京都町田市)は、昨年9月のリーマンショック以降、新たに19 店舗を開店した。貸し出すオートバイは、「ハーレーダビッドソン」や「BMW」といった外国製の高級車が中心だ。キズキの松崎一成社長は「昨年のレンタル 件数は年間で約1万件だったが、今年は半年で1万件を超えた。年間に2万5000件を超えるのは間違いない」と強気だ。


ソースは日経BP
【関連するスレッド】



COUNTER

CATEGORY