パンヘッドの新規登録で教えて下さい。

19

個人で輸入する1951年式パンヘッドを輸入しようとしているのですが、
(車両は米国内にあり、以下の内容が解決していなく購入までに至っていません。)
新規登録ができるかどうか方法も含めて教えて下さい。

確定している事項
 1、ピンクスリップ1951年式 車体番号51FL××××
 2、エンジン番号 48E××××
未確定な事項
 3、自動車通関証か通関証(部品として?) 48E×××× になると思います。

フレームは純正で、エンジンを載せ替えしてしまっている2オーナーの車両です。
1オーナー目が父親(30年前に他界)で子供が引き継いだのですが、載せ替えに
ついては全くわからなく、登録もしていない車両だとの事です。

フレームには当然VINもない訳ですから、エンジン番号がVINとなりますが、ピンク
スリップとは一致しないので、製作年を証明する書類(カタログなど、入手が出来るか
はわかりませんが...)があれば排ガスやブレーキテストもなく登録が可能でしょうか?

この掲示板でふさわしくない内容かもしれませんが教えて下さい。
どうぞよろしくお願い致します。


【関連するスレッド】

返信(6)

  • VIN(ビークルアイデンティファイナンバーだったかな?)がピンクスリップに書かれている51FLXXXXだと思いますが、エンジンNoの48Eでは登録が複雑な様な気がします。
    日本国内では車両のフレームナンバーが登録の基準になります。確かアメリカはVINを車両登録の基準にしていて、VINはエンジンの刻印のNoと一緒だったと記憶しています。少なくとも過去に私が輸入して貰った車両はエンジンNoがVINになっていました。州によってはフレームにDMVでタグを打ってる州も有ったんでしたっけ…うろ覚えですみません。

    アメリカでも登録が51FLだからピンクスリップが51FLになっていると思うのですが、エンジンを乗せ変えた時に、ピンクスリップを変更していないのであれば、今は51FLを輸入したのに、違う車両を送られてきた状態で、タイトルと車両が違うと言う状況ではないかと思います。ちなみにピンクスリップやその他の書類(インスペクション、レジストレーション等)にエンジンNoの48Eは記載されているのでしょうか?全く記載されていない場合、通関証は何を基準に48Eになるのかが疑問です。

    本当は輸入前にアメリカで元のエンジン番号に合わせたタイトルを入手してから輸入すれば問題無かったんですけどね…。通関証の記載によっては、ピンクスリップだけを新たに購入して登録する事も出来ると思います。


  • ご返信ありがとうございます。
    登録が複雑そうな感じで購入に踏み込めないのです。
    ピンクスリップには48Eの情報は全く記載はない状態です。

    海運業者の話で通関は石刷りを使って48Eで通関証が発行できるとの事
    、これまでもこのような状態で問題なく何台も行ってきたというのですが、
    実際の新規登録時に何をもって製造年を証明したら良いのか分かりません。

    こんな状態なので困っている状態です。

  • まだ、購入されていないので有れば、まだ車輌はアメリカって事でしょうか?
    で有れば、タイトルを48Eで買って貰えば簡単では?
    確か100〜200ドルでタイトルを買えると思います。

  • 参考になるかどうかわかりませんが・・・

    私の場合、42WLAをアメリカではなくオーストラリアから輸入しました
    で、相手の方が在住する西オーストラリア(パース)では車検制度がないらしく、俗に言うピンクスリップはありませんでした
    (通関証のみです)

    そのとき、通関手続きをしていただいた名古屋の通関業者の方はピンクスリップがない通関証のみの車両を何台か手がけたことがあるらしく、通関証のみでも年式証明でき登録可能とのことでした

    実際私も通関証で年式証明でき登録できました
    登録にあたって何回も運輸支局に足を運んで相談し、フレームが純正だという証明をもってこいとか言われてサービスマニュアルやパーツリストのコピーを提出しました

    ただ、この方法だとエンジンナンバーとフレームの年式が違うと問題が発生しそうですけど・・・

    48年と51年のフレームの違いってどうなんでしょうかね

    • フレームの件で教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。フレームが純正の証明で、サービスマニュアルまたパーツリスト等で確認できる資料を探しています。分かりましたら教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。車種はナックルでフレーム年式は1941から1945年です。

  • 参考になりました。ありがとうございます。




COUNTER

CATEGORY