Home » News 2008 » big_boy » THIS PAGE
75FX bito号の整備 番外編・車体検証
big_boy師匠のカテゴリなどを強化

75FX bito号の整備 vol.7

IMG_1708_400.jpg

純正Hカム。〜77 と78〜から区別されている。違いはカムギア。

IMG_1710.JPG

ピニオンシャフトの状態も○
うん?写真で気が付いたけど、歯の端に打痕があるな・・・

IMG_1736.JPG

社外のカムカバー。
ウン?良く見てみると・・・・

IMG_1735.JPG

加工不良の段差発見!!^^;
これは個人では手に負えず、修正するには内燃機屋さんに出して
フライスで面だししなければならない。
今回は、vol.6でも書いたが、この辺を含めてバランスされている可能性があるので
修正すると音が逆に拡大し、ピニオン、カムギアの調整をしなければならない懸念が
あるので、今回はこのまま放置。
bito君、ゆくゆくは程度の良さそうな純正のカバーが手に入れば良いね。^^

IMG_1728.JPG

オイル漏れしていたカムシールを外します。

IMG_1730.JPG

外れました。

IMG_1765.JPG

今回新しく取った純正新品カムシール。
税込み780円!安い。あれ〜ついこの間まで1900円くらいしてなかったっけ?汗
この値段なら社外と変わらない。
見ればインドネシア製となっている。安くなることは好ましい事だけど、品質はどうなんだろ?
外見上では分からない。

IMG_1738.JPG

ベアリングプッシャーとか丁度良いソケットとかで慎重に、少しずつ水平に打ち込んで行きます。
完全に水平のまま打ち込むのは無理なので、いかに角度を少なくして打ち込むかが、成功のポイント
です。

IMG_1742.JPG

途中で確認しながら少しずつ且つ、大胆に^^

IMG_1744.JPG

この位置まで完全に打ち込んで終了。

つづく


75FX bito号の整備 番外編・車体検証
big_boy師匠のカテゴリなどを強化

PR