Home » News 2008 » big_boy » THIS PAGE
NYC ChoppersがBaggarクラス用に新しいオープンベルトシステム
産経新聞社の産経Motoが終了へ

75FX bito号の整備 vol.12

さて、はて。私のヘナチョコ?キックでは掛からないbito号^^;
セルが付いているならば、強制的に回して、なんとかエンジンは掛かるはず。

IMG_1895_400.jpg


よくよく考えて見れば、圧縮をテストした時は、エンジンが冷め切っていない状態・・すなわち
温間と言えば温間だった。 
メーターの上がりもフロントの上がりが遅い気がしていた。 いまさらの事だが・・。以下略

問診の段階でも、冷えている時・・・朝一とか、とにかく掛りが悪いという事を聞いていた。

IMG_1898.JPG

これはもしや・・・・w

ゴキタンが笑っている。*1

横から見るよりこの角度の方がそれらしい。  美しく、カッコ良いね^^


*1(ゴキブリに似ている事から、こう呼ばれる)

IMG_1880.JPG

キック、キック、キ〜ック!の嵐をお見舞いしても、なんと!フロントは最大4.5キロ強!!!

IMG_1891.JPG

一発だけなら、なんと!3キロ!!(TOT)/~  こりゃ、死んでるww

リアもプラグは付けていないのでフロントだけの圧縮の感覚になるのだけど、とにかく
軽い。圧縮の過程で止めるのが苦労するほど。
プラグホールを指で塞いだ、指感でも明らかに弱い。

これではキックオンリーの車両なら掛かるはずはない^^;
今までbito君は朝一は始動に色々やって、30〜45分くらい掛かると言っていたけど
根性と掛かれ!という強い念により、掛かっていた気がするよ。
私では永久に掛かりそうもない・・。

本当にご苦労様です。^^;


IMG_1881.JPG

ちなみにリアの圧縮は1発だけでも7キロ弱まである。
キックは物凄く重く、硬い。

IMG_1884.JPG

2〜3発くらいで軽く、9キロ弱の最大値に達するリア。 
体重の乗せ方、いかに行きよい良く回せるかにより、コンプの上がり方は違う。 

たまにキックがすっぽ抜ける時があり、ギアかスプリングがへたっている可能性もある。
(サラの裏の筋、痛めちゃうよ〜)

リアは問題なし。

フロントの圧縮テスト結果です。
固くなったところから一気に踏み降ろす・・
1回、1回の計測です。

1回目・3.0キロ    面白いよねぇ・・・
2回目・3.1キロ    徐々に上がっては下がるの繰り返し。
3回目・3.4キロ    
4回目・4.0キロ     
5回目・3.5キロ     リングトラブルかもしれないのでプラグ穴からオイルを流した結果は・・
6回目.3.0キロ    
7回目.3.5キロ     1回目・4,5キロ
8回目.3.25キロ    2回目・4.5キロ
9回目.3.4キロ     3回目・5.0キロ
10回目.3.0キロ     4回目・3.0キロ
               5回目・3.0キロ
               6回目・4.0キロ    となりました。

 オイルを垂らした方が多少は上がるみたいね。

IMG_1896.JPG


ということでフロントの圧縮が低すぎる。
当然このままでは何にも変わらないので修理しなければならない。

bito君に事実を報告して、相談の結果、この際リアも一緒にばらして点検する事にする。

さぁ、何が出てくるか・・

蜂はいないと思うけどねww 

まだまだ、つづく

ps
この日は確認の確認の為に、軽く100発以上マジキックしますた。 強制ダイエット? 

 


NYC ChoppersがBaggarクラス用に新しいオープンベルトシステム
産経新聞社の産経Motoが終了へ

PR