Home » News 2008 » Vintage Harley » THIS PAGE
大阪・船場に幻のハーレーを見に行く会 その9
75FX bito号の整備 vol.20

大阪・船場に幻のハーレーを見に行く会 その10

P1050709.JPG

P1050710.JPG

船場から南に下りていくルートをたどっていると、Wescoを偶然発見。
河童さんは前にも来た事があるようで、いろいろと教えてくれました。
マリーナ氏はさっそく買い物です。w

そして、遅い昼食をとったあと、名神高速に乗り今度は東に向けて走り出します。
今日の高速道路は昨日の雪がウソのようになくなっていて、快調そのもの。

走行中に名古屋周辺のメンバーと連絡を取り合っていると、昨日の寒中MTGに参加した浜松のマーさんがトラブルで知多方面でまだ立ち往生していることがわかりました。何人かが交換パーツを持ってヘルプに行ってるらしいのですが、我々が距離的に近いことがわかり、何ができるかわかんないにしてもヘルプに行くことになりました。進路を大きく南へ変更します。

P1050712.JPG

豊田IC近くより知多方面への比較的新しい高速道路を南に下っていきます。
ニュースで聞いたことがあるセントレア行きの標識もでてきました。

マリーナはどうしても別に向かっているKyonちゃん部隊より早く着きたそう。w
こちらもスピードを上げます。


P1050718.JPG


とあるコンビニの前に、いましたマーさん。ww
みんなニヤニヤしつつも再会を喜びます。

P1050719.JPG

P1050721.JPG

数分遅れて交換部品を積んだKyonちゃん号が到着。
しかし、先を越されて本当に悔しそうw

P1050722.JPG

どうもダイナSが逝ってしまったようです。
交換用のポイントが猪木んぐ氏より手渡されます。


P1050725.JPG


P1050728.JPG


ランタンまで焚いて修理がはじまります。
途中配線痛めてヒヤッとしましたが、なんとかなりました。
そしてギャップ調整をして、セルを回します。

P1050731.JPG


ドババババ!!!!
やった〜〜!!!

一同大喜び!


P1050734.JPG

よかった!おつかれさんです!

そのあと高速途中で走行中のマーさんのショベルに追いついたのでしばし後続で待機し、大丈夫そうだったので、一気に東へ向かいます。

P1050735.JPG

そのあとは快調な旅そのもの。

箱根手前の足柄SAは気温がほぼ0度なのに、年配のハーレー乗りの方がたくさん停まっていました。みんな元気だなあ。クルマの中のメンバーから出てくる言葉は、明日はバイクで走りたいってセリフばかり。そーだよなあ。河童さんはコゲパン動かしました?

そして一行は集合地点のJRの駅に無事戻り解散しました。
たった二日の旅だったのに、分かれるときには、昨日のことがもうずっと昔だったような気がしていました。ひとことでいうと濃く、よい旅でした。このフィーリングはたぶん一緒に移動したこの4人にしかわかんないでしょう。

NORIくんは帰りは新幹線で帰ったほうが簡単なのに、一緒に最後まで旅することにこだわってたし、ワタシもこの旅の記録は自分でよく覚えているうちにいろいろと書いておきたいと思ったのでめずらしくさくさくとここHDNでも更新をしてみました。

さて、これ以上この旅について語るのは、どこかで皆さんとお会いしたときの楽しみにでもしておきましょうか。


最後に、マリーナ氏はご近所さん?なので家まで送っていきました。


P1050740.JPG

P1050741.JPG


しかしロビー広いな・・・。w


ということで彼からの今後の購入報告に期待しましょう。
皆さんお疲れ様でした!

| コメント(2)

大阪・船場に幻のハーレーを見に行く会 その9
75FX bito号の整備 vol.20

コメント(2)

81ヘリの方のトラブルですが・・・
ワタシの勤務先からクルマで10分、知り合いのショベル乗りのご自宅まで徒歩圏内という場所でのことだったんですね。
もちろん、どなたとも面識ないので、お手伝いすら不可能だったのですが。思い違いでなければ、このヘリの方とは
ジャックパインでお会いしているかもしれません。

ちなみに、徒歩圏内の知り合いはハーレー乗りでもありますが、戦前のを含め、国産バイクの研究にも秀でた方なんですよ。

コメントありがとうございます。
この場所、ワタシも忘れられない場所になってしまいました。夕日に南国っぽい広い空が映えていい場所だと思います。どこかでご一緒できるといいですね。

PR




COUNTER

CATEGORY

ARCHIVES