Home » News 2008 » big_boy » THIS PAGE
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
CVT搭載チョッパー

低圧縮よ、さようなら −番外編−その3

IMG_3219.JPG

久しぶりに見るマリーナ号のヘッド。
と言っても昨年10月以来か・・笑 。前回は賄いの作業だったんだけど、今回はきちんと
出来るのでなんだか嬉しいね。そうこなくちゃ! 早速バルブ周りをバラスと・・・ 。。

IMG_3220.JPG

出た〜!(流行のキタ〜!ではない。) シールが完全に潰れてました。^^;
使ったのは国産シールなんだけど、元々付いていたシフトンの物より幾分高さがあったようです。
だからシフトンのシールが入っていた時より、潰れが大きい。完全に機能を失ってます。^^;

IMG_3233.JPG

これは81以前のシールなしロアシートを使っていた為にシールがこれだけ浮いてしまう為。
もう少し全高の低いシールもあってそれを使えばここまで当たらない事もあるけど・・

IMG_3229.JPG

繰り返すが、シールナシモデルにシールを使う場合は、左のように穴を広げ逃げを作るか
純正の81〜シール付きのモデルのロアーシートを使うかしなければならない。
今回使うは加工済みUSA社外。(左側)

IMG_3230.JPG

嵌めたところ。シールの逃げの隙間があるでしょ?

IMG_3239.JPG

今回はキチンとバルブガイドの頭を切り詰めて置くまでピッタリ入るように加工してもらう。
ミニ旋盤でもあればな〜自分でやるんだけど・・。
クリアランス的には450リフトクラスのハイカムにも余裕で対応出来るようにしておく。

IMG_3236.JPG

アッパーカラーも打っていたりして状態が良くないから交換。純正なら修理するけど
どうせ社外だから交換。

IMG_3228.JPG

出た〜!!久しぶりに対面の名物「サザエの蓋」当たりのバルブフェイス。ww
でもこれはまだ反対側・・

IMG_3235.JPG

これが真打ち、ご本人様。   改めてみてもス、すばらしい! 

IMG_3234.JPG

バルブシートの当たり面
前にも書いたが、これは広がったのではなくて、初めからこういう加工をしてあったに間違いない。
全体でサザエ当たりではなく、反対側は線当たりなんである。 ある意味、芸術。

ショップでのOHを内容を判定すると・・
オーバーサイズピストン、ボーリング。ガイド製作・入れ替え。シートリングは入れ替えていない。
突き出しは無視してシートカット。こんな修理をしていてこれで代金20数万円。 

ホントに驚きである。

次は内燃機屋から上がって来たら、組み上げの模様をアップします。

あと一回、つづく。


インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
CVT搭載チョッパー

PR