Home » News 2008 » MOTORCYCLES » THIS PAGE
低圧縮よ、さようなら −番外編−その3
コリアHOGメンバー、ユーラシア大陸横断の旅へ

CVT搭載チョッパー

原油高などの影響で日々の生活はもちろんのこと、今後どれくらい化石燃料に頼った世の中が続いていくのか、それとも何か変化を与えてくれるものが現れるのかという踊り場にとうとうやってきた年になってきました。

バイクでエコという切り口でいうと、四輪よりエコでしょという口実がありますが、それでも化石燃料を燃やして走っていることは同じ。燃費の向上のためにはそれぞれが改良を重ねる必要があります。


cvt.jpg


このチョッパーはCVT((Continuously Variable Transmission)いわゆる無段変速機と呼ばれる摩擦力を介して動力を伝える方法を採用しているトランスミッションです。

エミッション(排出ガス)、燃費の両方でメリットがいわれるCVTですが、まだ過渡期の技術といわれているだけにバイクの採用は斬新なのだけど、どのようなフィーリングになるんでしょうね。

とにかく、エネルギー問題含めて車社会、バイクの存在も含めていろいろ踊り場にあるということだけは事実のようです。


低圧縮よ、さようなら −番外編−その3
コリアHOGメンバー、ユーラシア大陸横断の旅へ

PR