Home » News 2008 » Magazines/Media » THIS PAGE
稲妻フェスレポート APIOより
第11回花園忘年会キャンプのお知らせ

クラブハーレー入稿

12月分のクラブハーレーの原稿を入稿した。
今月は車両に取り付けるとあるアクセサリの話。

連載をはじめたころはクラブハーレーの発刊は隔月ペースだったので、ゆっくりしたペースでネタを考えてから、何回かにかけて気分を変えながら書き上げていたのだけど、月刊になってからは20日を過ぎた頃から何を書くかテーマをまず決め、資料を調べたりしながら内容を絞り込んでいく。

文書が書けるからいいねと言われることがあるが、原稿を書くためのTipsはあるものの、一番のトレーニングは、よくいろんな本や雑誌を読むことだと思う。実際、よく書く人ほどよく他人の作品なりを読んでいる。コレはネットのブログとはちょっと違うので、表現が豊かな書籍をたくさん読むことで自分の言葉が増えて自然に書けるようになる。これは外国語を学ぶのと同じ感覚に近い。

少し前までは2,200字ほどでまとめていたが、レイアウトの都合で1,800字前後でまとめるようになった。もしかしてページ一杯の活字は最近の読者に圧迫感があるのかな?若い人が長い文章になじめなくって途中でギブアップしやすい傾向があるという報道があったけど、こういう報道もあった。

ネットサーフィンは脳の働きを変える?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/28/news047.html

完成した原稿は32字詰めにして、体裁や改行のチェックをして、クラブハーレーのジャック氏に直接メールで送信する。写真などもみんなそう。もしかするとデスクの人が担当しているライターさんや企画もあるのだろうけど、私は最初からジャック氏以外とはやりとりしたことがないなあ。なぜだろう。そして校正かかったりしてだいたい月アタマに校了し、10日過ぎに発売となるのだ

jack[1].jpg

クラブハーレー、ジャック氏のブログ

クラブハーレーのジャック氏からはすぐに返事がきたけど、校正は来月。

彼のブログにも書いてあったけど、稲妻フェスのあとも会議の連投でそのまま海外出張だそうだ。中堅どころの編集部の人は仕事量がものすごい のは知ってるけど、いつ休んでるんだろうか。

イベントの満足感を引っ張っていい旅を。


稲妻フェスレポート APIOより
第11回花園忘年会キャンプのお知らせ

PR