Home » Tech Tips Board Archives » 『技術系掲示板』主にダイナ・ローライダー系車両の話題 » Dyna » FXSとFXEの違いについて »


FXSとFXEの違いについて


Subject: FXSとFXEの違いについて
Reply-To: fujiis22@hotmail.com
========================================
From: たけ
E-Mail: fujiis22@hotmail.com
Date: 2000/09/04(月) 03:21:08

FXSとFXEのフレームの違いを教えてください
フロントフォークの長さが違う事は、知ってるんですが
フレームのネック角度ってFXSとFXEでは、違うの?
FX系の基本フレームは、FXS、FXE、FXWG共通なんですか?
同じなら外装とフロントフォークの違いだけなんでしょうか?
教えてください。。。。
========================================
From: b
Date: 2000/09/04(月) 10:30:03

FXEとFXSフレーム、パーツナンバーは違います。共通では
ありません。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/05(火) 01:06:34

詳しくないのですが、82年のカタログを見たところ、
FXE,FXS,FXWGのディメンションは以下のとおりで、
フレームは、さほど違わないように思えます。

Wheelbase:62.75"(82FXE),63.50"(82FXS),65.0"(82FXWG)
Seat height:26.63"(82FXE),27.0"(82FXS),28.0"(82FXWG)
Ground crearance:5.12"(82FXE),5.75"(82FXS),6.0"(82FXWG)
Overall length:91.5"(82FXE),92"(82FXS),93.0"(82FXWG)
(1"=25.4mm)

フレームのパーツNOも違うということですが、
写真で見る限りでは、タンクをとりつけるフレーム側の穴の位置が
スーパーグライドのほうが前のほうに開いているようです。
また、スーパーグライドタンクを他のFXモデルにつけるには
コンバージョンキットが必要になるようですので、
そのあたりが違うのではないでしょうか。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/05(火) 11:25:14

bさん、HDKさんありがとう
パーツナンバーが違うと言うことは、フレーム基本構成は、違うってこと?
ネック角度やフレーム自体の大きさは、違うんですか?
ホイルベースとかが違うのは、フォークの長さ等変りますよね
結局、聞きたいのは、FXEとFXSの決定的な違いは、どこなんでしょう?
FXEは、FXSに改造は、出来ないの?
========================================
From: ゆい
Date: 2000/09/05(火) 15:53:31

ネックの角度が違います。その他は基本的には同じだと思います(フレーム)。
現行のダイナスーパーグライドとローライダーの違いと同じ事でしょう。
========================================
From: カムカム
Date: 2000/09/05(火) 23:41:55

フレームは基本的にFLもFXも同じでは?ネック角30°で。
FXSはFXEよりFチューブが2"ロングなだけでは?
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/05(火) 23:57:18

バイブスの6月号P50の記事に
『従来のグライドフレーム(俗名4速フレーム)より3度寝かされた
ネックと固いスプリングで組まれたリアショートシュックで、
ロー&ロングを形取ったFXSモデル。・・・・・・』
と載ってました。
やっぱり、フレームは、違うか???

そのあとの記事に
『1980年には、・・・・FXWGワイドグラインドと
FLTツアーグライドが登場する。FXSと同様にレイクされたネック部、・・・・・』て書いてあった。
ならばFXWGとFXSは、同じフレームなんでしょうか?
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/06(水) 01:22:23

キャスター角ですが、82年は不明だったので、、
81年(AMF)モデルの資料を調べたところ、
FXWG のキャスター角33度
FXSが31.4度
FXEとFXEFが30.1度でした。

それ以前の1200ccローライダーは、もっと寝ていたようです。
グライド系30.7度に対して、34.19度。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/06(水) 01:31:16

すいません。キャスター角とネック角は違うのですかね。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/06(水) 10:32:32

HDKさん>>
そうなんですよ!キャスター角とネック角は、違うんですよ
キャスター角は、確かフォークの延長線と地面との角度のはず??
だからフォークの長さで変わりますよね?(謎)
ネック角は、フレーム部だから絶対に変わらないんですよ・・・
========================================
From: つーる
Date: 2000/09/07(木) 00:28:35

一つ思い出したんだけど、
FXSとFXEのフレームの違いで、
分割タンクをとめるステー(下側)の有無があります。
FXEのフレームにはこれが付いていません。(ゴキタン仕様の為)
この状態でも分割タンクは付けられるけど、
振動で上側のステーが折れることがあるそうです。

ちなみに俺のFXEにはもちろんついていなかったけど、
今まで折れるようなことはありませんでした。
まあでも先日、某有名ショップでそこを指摘され、
ワンオフで作ってもらいましたけど。

ネック角・・・やはり違うという線が濃厚ですね。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/07(木) 01:10:00

ネック角とキャスター角は違いましたね。
たしかにFXWGはキャスター角が大きい分、フレームが前に持ち上がってます。

文献をみても77FXSから81FXSまでに、フレームに変更があった
という記述が見当たらないため、
先日記述したFXSはネック角が34度でキャスター角が31度のようです。
"Raked Frame"の記述もありました。

FXWGのネック角はわからないです

パーツカタログにでているのではないでしょうか?
EVO-DYNAのパーツカタログにはネック角もでています。
ちなみにFXDWG、FXDLは同じ32度Rakeでした。

実物を測ってみるのも確実かも。
========================================
From: terayama
Date: 2000/09/07(木) 01:19:13

キャスター角はネック角です。
ネック部分から地面に向かって垂直に垂線引いたとして
そこと、フォークの傾きに挟まれた部分の角度のことですのでフォーク長さは関係ないです。
言葉ではわかりにくいと思いますが、フォーク長さが変化した場合、初めに引いた垂線も一緒に傾きますんで。
また、たけさんやHDKさんのいうとおり基本的には
4速エレクトラフレームでもモデルによりネック角は微妙
に違うみたいですね。
最終目的としてはFXEをFXSルックにしたいようですが
まあ、基本的に同フレームですから、多少加工必要でも
ムリはないんじゃないでしょうか?
実際にそうゆう車、販売されてましたよね?
どっかのショップの広告、9月バイブスで見ました。
========================================
From: terayama
Date: 2000/09/07(木) 01:28:40

あ〜そうゆうことなんですね。HDKさんすみません。
つまり、キャスター角はフレーム基準でなく地面基準
で計るものなのですね。ありがとうございます。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/07(木) 09:41:05

昨日、ショップにて調べてきました。
車種、年式によって多少タンクの取り付けや装備品の取り付けの為の
ステーなどは、違うけど基本的な骨格フレームは、同じみたいです。

ネック部分ですけど鋳物になってますよね?
これも年式などでハンドルロックなどが付くけど同じ型枠?で作ってる
らしいので同じ見たいです。
三つ又のシャフトを通す部分とダウンチューブの距離を
FXS、FXE、FLHで計測したところ全て同じ(多少誤差あり?)でした。
ミリ単位で角度は、違うと思うけど多分ネックの角度は、同じだと思います。

まだ、ちょっと決定的な証拠に乏しいので情報をお待ちしてます。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/07(木) 23:42:35

三つ又がレイクしているのかもしれないですね。
82年のカタログの説明を読むと、
"Rakish extended front Forks”という記述はありますが、
ネック角がレイクしているとは書いてなかったです。
ハーレー・ダビッドソン・チョッパーズという本には、
「ウイリー・Gがトリプル・ツリーをレイクさせロングフォークを組んだ」
という記述がありました。

初期のバイブズには、
「フロントフォークを34.19度に倒しこみ」という記述があるもの
の、ネック角がそうだとは書いてなかったです。

あと、モデルが同じでも、年代によってレイクXX度、キャスター角XX度
と、名前と数値が変わって表示されたりしているようです。
このレイクXX度というのがネック角(neck(head) angle) のこと
なのかどうか...。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/08(金) 11:21:30

そう言えば、純正の三つ又でもサイドカー用の奴は、
三つ又のレイク角度が変えられるのがありますよね

ショベルのビックツイン系(4速)は、全車種ともに同じ様な
フレームですよねぇ。。。。
初めの質問にもどるけどショベルのビックツイン系フレームは、
ネック角やフレームの大きさは、同じであって(ここが重要)
フォークの長さやタンクの取り付けステーとか装備品取り付けのステー
など違いだけでないのでしょうか????(謎)
========================================
From: ゆい
Date: 2000/09/08(金) 13:51:21

そういわれると、同じような気もしますねー。私の持ってる本には、'77FXSについて Fork rake angle 34deg とありますが、どっちの意味やら?? 別の本によると、それ以前のモデルはネック角30度とあります。
========================================
From: メカ音痴
Date: 2000/09/09(土) 00:21:19

〜'78までのサービスマニュアルには、
FL/FLH/FX/FXE/FXSモデルのBASIC DIMENSIONSとして
ネック角30°とあります。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/09(土) 02:00:22

同じだったのですね。
head angle(neck angle)とfork angleは違うようです。
head tube が基準になるのが、head angleで、
Fork が基準になるのが、fork angle のようです。
自立しないフレーム等、フレーム単体では測ることはできないため、
どちらの角度も、フォークと車輪を組み付けてから測るものだと思います。
結局、キャスター角=ネック角ということでしょうか?
ハーレーの場合は、キャスター角の標準が30度になるように
作られているらしいです。
カスタムメーカーが出しているフレームもストックタイプを
30度と呼んでいるようです。
これを基準に、単にネックを2度レイクさせたフレームを
32 neck rake angle と呼んでいる?

レイクXX度といったときには、headsetが基準になるようですが
それはなにを指すのか不明です。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/09(土) 17:31:47

だんだんと皆さんのおかげで解明してきましたね。
上にも書いたけどネック角とキャスター角は、違いますよ
ネック角は、三つ又が組まれる部分とフレームのダウンチューブ
の間の三角になってる部分の角度のことだと思います
キャスター角は、あくまでも地面とフォークの角度だと思います

>ハーレーの場合は、キャスター角の標準が30度になるように
>作られているらしいです。
キャスター角が30度になるようにフォークの長さを調整してる
ってことじゃないかな??
だから、フォークの長いFXSは、ネック部分も相対的に持ち上がる
のでキャスター角が大きくなり寝てるって話になるのでわ??
フォークの長さにより”地面に対して”のネック角は、変化するけど
”フレームに対して”のネック角は、変化しないってことですね。
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/09(土) 23:07:13

たしかに”フレームに対して”のネック角という表示は必要ですよね。
しかし、フレーム単体のネック角をどう測るかが疑問です。
FXSの三つ又が組まれる部分とフレームのダウンチューブ
の間の三角になってる部分の角度は、どうみても45度近いのです。

ダイナモデルでもそうですが、パーツマニュアルで32度フレーム
を使用しているモデルの製品状態でのキャスター角は32度ですし、
28度フレームの場合もキャスター角28度と見事に一致している
ようです。
製品状態でのキャスター角を基準にして、フレームの角度を表示して
いるのでは?と思ってしまったわけです。

ネック角の測り方は、不明なのですが、
キャスター角の測り方はWebにありました。
http://www.bmxmuseum.com/1html/geometry.html
head angle = キャスター角です。

>キャスター角が30度になるようにフォークの長さを調整してる
>ってことじゃないかな??
フォークの長さにあわせて、キャスター角とトリプルツリーを
調整するのかも?
http://www.kennedyschopper.com/rake.html
========================================
From: HDK
Date: 2000/09/11(月) 00:20:35

あまり関係ないことを書いてしまいましたが、
とりあえずFXSとFXEは、同じ30度フレームを使用していることが
わかったので、FXEのトリプルツリーとフォークをFXSのものに
換えれば、FXSと同じディメンションになると思われます。
(これはきっと、キャスター角31.4度、フォーク角34度、ホイールベース1613mm)

あとは、FXSの分割タンクの取付けを工夫して、
メータとコンソールパネル、インジケータランプ、ヘッドライトの
吊下げバイザー等をFXSタイプのものに換え、塗装を検討すれば、
ほぼFXSになるのではないでしょうか。
========================================
From: たけ
Date: 2000/09/13(水) 09:59:56
Solved: on

HDKさん、メカ音痴さん、ゆいさん、terayamaさん、つーる>>
ありがとうございました
知り合いに某有名ショップに聞いてもらった結果
ショベルのビックツイン系のフレームは、基本は、同じで
フォークの長さによるキャスター角の違いだけだそうです。
キック付き無しで多少違いは、あるようです。
HDKさんが言う通り、ステー加工やフォーク変更などで
FXEがFXS風にもなるしFLH風にもなるってことですね
あくまでも”風”であってオリジナルじゃないですよね(笑)

俺の素朴な疑問にお付き合いして頂いてありがとうございました。
解決ということにします




関連する記事