Home » Tech Tips Board Archives » 『技術系掲示板』主にメンテナンス関係の話題 » MAINTENANCE » プシュロッドの調整。 »


プシュロッドの調整。


Subject: プシュロッドの調整。
========================================
From: FL
Date: 2004/11/09(火) 13:55:37

こんにちは、質問させていただきます。
パンヘッドのプシュロッドの調整なのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
 良く圧縮上死点で両方のバルブが付いてないときにすればよいと聞きますが、タイミングホールの上死点のマークを出してヘッドを開けてみると、ピストンが上死点少し手前になっているのですが、どちらを基準にすればよいのでしょうか〜?
Iマークよりピストンの上死点を基準で調整で良いのでしょうか?文が読みにくいかもしれませんがよろしくおねがいします。
========================================
From: PANPAN
Date: 2004/11/09(火) 15:43:00

タイミングホールのIマークは上死点ではないです。点火時期の調整用ですから。年式によっては上死点を出してるのもあったかな??(マニュアルが手元にないのでスミマセン)
上死点ではなくてもタペットがカム山に乗ってないときに調整すればよいのですから、タペットを見て一番下がっているのを確認して調整すればOKです。
例えばフロント(リア)シリンダのINバルブが開いてるときはリア(フロント)シリンダのINバルブは全閉です。EXバルブも同様です。これでタペットが下に下がってる(カム山に乗ってない)状態がつくれます。
今は油圧にしてますから、それほどシビアに調整してませんが、調整したらクランクを回して当りを出して再調整したほうがいいです。アジャスタをロックしたときにも若干動きますし。
根気よく何度も調整してベストな状態を出してください。
========================================
From: FL
Date: 2004/11/09(火) 15:53:14

panpanさんありがとうございます。
週末に試してみます。その後報告させてもらいます。
========================================
From: PANPAN
Date: 2004/11/09(火) 22:05:50

追記です。Iマークでフロント上死点前35度(最進角ポジション)、IIマークがフロント上死点前5度(最遅角ポジション)でした。自分の48FLにはIマークしかありません。ご参考までに。
========================================
From: FL
Date: 2004/11/16(火) 16:09:23

PANPANさん連絡遅くなりました。
上死点時の時に調整をしてみました結果IN,EX指で軽く回る程度でした。PANPANさんのやりかたで試しました結果
少しきつめでした。実際ベストの状態に持っていくのは僕には無理そうです。PANPANさんの車両は上死点時にどのぐらいの固さですか?PANPANさん、固さ的にはどのぐらいがベストなのか、聞かせてください。なにぶん素人なので、判断に困ります。
========================================
From: PANPAN
Date: 2004/11/17(水) 09:12:37

お返事遅くなりました。カムやタペットローラーの磨耗や製造誤差もありますので理論上バルブが閉まってる状態でも実際には突いていることがあります。
シビアにセッティングするには少しずつクランクを回して一番下がってる状態を見つけて調整すればいいと思います。
自分は油まみれの手で少しタペットアジャスターやロッカーアームのざらつきを感じながら軽く回るくらいの調整をしてました。
ここらへんは感覚の問題ですので慣れるしかないですね。
こつこつ調整してベストな状態を見つけてください。
========================================
From: FL
Date: 2004/11/17(水) 15:53:22
Solved: on

PANPANさんご親切に細かく教えてもらいありがとうございます。今週末にでも頑張ってみます。



返信する

Verification (needed to reduce spam)
下に見えるコードを入力して下さい。
(読みにくい場合はリロードボタンで内容を変える事が出来ます):


関連する記事