Home » Tech Tips Board Archives » 『技術系掲示板』主にメンテナンス関係の話題 » MAINTENANCE » おせ〜てピストンリングギャップ »


おせ〜てピストンリングギャップ


Subject: おせ〜てピストンリングギャップ
========================================
From: ピース
Date: 2007/03/12(月) 03:12:48

チョット疑問があります、今オーバーサイズのVT製ピストンとハスティングのリングをショベルに交換作業中です ピストンリングギャップの件なんですが過去の質問回答で、「リングは大体大きめに作ってての合口のギャップは自分らでやりましょう、でないとキツキツでオーバーヒートの可能性大!」ってな事が書いてありましたが、自分のリングをシリンダーに入れてシクネスゲージで計ると0.5ミリで範囲内です 箱出しポン付の場合もあるんですか?整備書では0.254〜0.7874ミリと書いてます
 
========================================
From: TERU'79
Date: 2007/03/12(月) 21:40:34

勿論ポン付けOKの場合(可能性)もありますよ。
その場合はラッキーです(笑

リングはあくまで汎用品ですので、広過ぎるヤツはどうしょもないから狭めに設定して、後は削って調整してちょって感じです。
ピストンとシリンダーとの相性、互いの製品誤差(リングもです)、そしてボーリング&ホーニング等の仕上がり等々、色んな条件がありますからね。

もし両方が規定範囲内だとしても、数値に1�以上の開きがあるようでしたら、念の為に広い方に合わせた方がいいですよ。

それからご存じかもしれませんが、合い口の角とか「ココはかじりそうだな」って感じの所は、軽〜く当たっといた方が良いですね。
========================================
From: ピース
Date: 2007/03/13(火) 00:22:00

お答え頂きありがとうございます ちなみに、範囲内の0.254〜0.7874ミリで合わせるなら小さい方と大きい方、どちらががいいですか 大きい方がいいのなら、今0.5なのであと0.28程度削ろうと思います 余計な事して白煙出ますかねw
========================================
From: TERU'79
Date: 2007/03/13(火) 08:55:26

ごめんなさい、誤解を生むような書き方をしちゃいましたね。

ギャップが範囲内であれば無理に広い方に合わせて削る必要はありません。
厳密に言えばピストンの製造法やメーカー独自のノウハウがあれば、それに伴い指定のギャップが決まりますが、特に説明書等の記載がなければ気にせずとも大丈夫です。

ちなみにギャップの範囲はただその中にあれば良いと言う意味だけじゃなくて、上はそのピストンなりリングなりが使用出来る上限を意味しますので、上に合わせて削っちゃえばお察しの通りすぐにサービスリミットを超えてしまいます。

私が言いたかったのは、前後の気筒でギャップに違いがあれば、そろえた方が良いですよと言うことです。
その場合は広いものを狭くする事は物理的に不可能ですので、当然広い方の気筒に合わせて狭い方の合い口をを削ります。
まぁそれも僅かな事なのですが、ただでさえ無理な構造をしてるモーターですから、少しでもスムーズに動くようにとの気遣いってとこです。
========================================
From: ピース
Date: 2007/03/14(水) 17:57:29
Solved: on

ありがとうございます 前後のリングギャップ、共に0.5でした!こんなにラッキーボーイでいいんでしょうか この先の人生の運を使い果たしたかもしれませんね(笑
)それにしてもTERU'79 さんは本当にバイクを大事に整備されてるようですね 感心しました



返信する

Verification (needed to reduce spam)
下に見えるコードを入力して下さい。
(読みにくい場合はリロードボタンで内容を変える事が出来ます):


関連する記事