Home » Tech Tips Board Archives » 『技術系掲示板』主にツーリングモデル系車両の話題 » Touring » フレーム ネック部分の錆 »


フレーム ネック部分の錆


Subject: フレーム ネック部分の錆
========================================
From: ポリス2003
Date: 2006/03/14(火) 19:01:06

昨年、ローキンでフロントフォークを全交換する追突事故に会いました。フレームは交換してません。
さて、最近フレームのネックとアンダーフレームの付け根2〜3ミリ程の錆が、左右同じように発生しました。
事故の影響か気になり、同じように錆が発生している方おられますか?
========================================
From: ポリス2003
Date: 2006/03/14(火) 19:05:13

追記>単なる溶接部によく出る錆かもしれませんが、アドバイスください。心配性なもので・・・よろしくお願いします。
========================================
From: U.S
Date: 2006/03/15(水) 04:13:37

見てみないと確かな事はいえませんが、激しく衝突した場合にフレームが歪み、フレームの塗装が歪に追従できず割れてしまう場合があります。

事故後、突然その錆が現れたのであれば、可能性はあります。 よく問題の部分を確認してみる事が肝要かと思いますが。
ネック部自体の強度は相当ですがダウンチューブとネック部の溶接接合部分の肉盛りされていない部分へ負担が集中します。 溶接された金属はとてつもなく硬いので。
========================================
From: ポリス2003
Date: 2006/03/15(水) 09:34:22

U・Sさん ありがとうございます。
錆は左右同じ場所に発生していて、まさしく、溶接の肉盛り部分の末端と思われます。
塗装が追突のショックで割れただけならよいのですが、フレーム自体が歪んでいたらと心配してました。
ディラーでは影響無しと判断してフレーム交換していませんので、素人の自分が見ても乗っても歪みは判りません。
ただフォークが曲がる程度の事故でしたら、フォークがショックを吸収して、フレームへのダメージは無いと聞いてます。
ご意見を聞いて少し気持ちも整理がついて、次のように整理してみました。どうでしょう。
「追突時に、ショックが溶接の肉盛り部分の塗装にダメージを与えて剥がれたが、肉盛りを含むフレーム自体への影響は無い」
========================================
From: TT
Date: 2006/03/15(水) 16:56:06

非破壊検査ってご存知ですか?
超音波などを使って微小な割れや欠陥を検査する方法です。船舶、航空、橋梁、原子力などの溶接部品には比較的良く使われていて、その分野の仕事をしている鉄工所等に聞けば分ると思います。仮に判断がその場で出来なくても、時間を置いてもう一度計るとクラックなどが成長しているかどうか分ります。これを行えば推測の部分が確認できますよ。
========================================
From: ポリス2003
Date: 2006/03/15(水) 18:20:14

TTさま
情報ありがとうこざいます。
その手がありましたね。
よく勉強して検討してみます。




関連する記事