Home » Tech Tips Board Archives » 『技術系掲示板』主にトラブルの話題 » TROUBLE » 負圧コック故障の症状?? »


負圧コック故障の症状??


Subject: 負圧コック故障の症状??
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/14(火) 08:29:12

分かる方教えてください。
うちの相棒夜や早朝の寒いとき、走行中ゴボゴボゴボとかぶりだしたり、キャブからバックファイア起こしたり、赤信号等で止まるとそのままアイドリングが下がって下がって、やがて止まってしまうんです・・・
再スタートすればエンジンはかかるのですが、アイドリングは低くなりと、同じことの繰り返しです。
ガソリンが切れたときの症状に似ているのかな??

寒い時期は暖まらないとこのような症状が出るのかな?と思っていたのですが、この前走ったときは約1時間走っても解決されませんでした。

相棒はFLSTN(ソフテイルデラックス)で、吸排気スペックはブラスマフラー8mm、フルチューンCV[純正派]、クリヤキン性HI-FIVEエアクリーナーです。
フルチューンCVは多少アフターファイアが出ていたのでスロージェットを#50にし(症状が出る前)、上記の症状が出たのでメインジェットを#185→#190に変えましたが、症状は全く改善されませんでした・・・

45°さんにこのことを伝えたところ、どうやら負圧コックが損傷しているとのことです。
でも、負圧コックが破損すれば、昼の暖かい日でも同じ症状だ出ると思うのですが、そのようなことは一切なく、必ず寒い時に症状が出ます。

自分では原因のメカニズムがいまいち分からず困っております・・・
どなたか解決方法やメカニズムが分かる方いらっしゃいませんか??
========================================
From: にーやん
Date: 2006/02/14(火) 16:22:14

スロージェットを濃くして症状がでたということから、ガスが濃すぎるのでは?
もしくはジェットの交換の際知らずのうちにフロートの油面の高さをかえてしまったのではないでしょうか。
ジェットを交換する前はアフターファイアは出ていたけど今回のような症状はでていなかったのですよね?
であれば症状が発生する前の状態に戻し(ジェットを戻しフロートの油面もチェック)まだ症状が発生するか確かめたほうが良いと思います。
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/14(火) 17:22:03

>にーやんさん
アドバイスありがとうございます!!
スロージェットを返る前はこの症状が出ていたか分からないんです・・・(外気が寒くなかったので)
オレの書き方が悪く申し訳ないです・・・

どの段階で症状が現れたかが分からないんですよね・・・

とりあえずにーやんさんが言うように、スロージェットを戻し油面もチェックしてみたいと思います。
まずはそれからですよね!!
========================================
From: よろよろ
Date: 2006/02/14(火) 17:33:04

自分の場合負圧コックが不調のときは、スタート、再スタートのときだけエンジンがかかりませんでした。
アイドリング中や走行中のエンストはなかったです。
========================================
From: KOKI-E
Date: 2006/02/14(火) 17:59:45

私のエヴォも気温が5℃を下回るとアイドリングを保てなくなります。極寒時以外は好調なので、私は寒さのせいだと気にしていません。
確か、キャブのアイシング?でしたよね??
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/14(火) 18:57:00

オレもアイシングを考えたのですが、かなり暖まった状態でも改善されてなかったので、どうなのかな〜〜って思ってたのですが・・・
エンジン温まってもアイシングは起こるんですかねぇ><
エアクリを変えてキャブがむき出しになってるから、起こりやすいのかなぁ・・・
========================================
From: kob
Date: 2006/02/14(火) 21:44:57

タスケさん
僕もフルチューンCV使ってます(ツーリングですが)
マフラーは、あそこのHPにもあるキングフィンですが、抜けが良すぎる為に
SJ・50 MJ・185にしてます。エアクリはS&S45オリジナル(旧タイプ)を
バックプレートとカバーを自分で加工して取り付けてます。
僕の事は、どーでも良いんですが、MSブラスマフラーで50/190は
濃すぎるような気がしますね。
フロートの油面に関しては話が出ているので別の原因を上げるとすれば
キャブに取り付けるバキュームホースもチェックしてはいかがでしょう?
意外とキャブの取り付け・取り外しの際に手間のかかる部分だけに、
力技で抜いていると、裂けたりしちゃいますからね。
このホースに問題があると、正常にガソリンが流れて来なくなります。
あとは、フューエルライン上にフィルターなんかを入れていると、たまにですが
空気が入ってガソリンが流れなくなる事もあります。
========================================
From: U.S
Date: 2006/02/15(水) 02:59:44

アイシングの可能性が高いですが、湿度は多い場所にお住まいですか?川縁や海の近く等。 アイシングは8度以下で湿度が高ければ発生率が高くなります、タオルを巻いたり保温材を巻いたりして(症状を確認する為)改善すれば濃厚ですね。
まずはスロー系の空燃比が薄いのか濃いのかプラグを確認されてはいかがですか? 完全にかぶっているのであればアイシングとは別に原因がありそうです、また念の為、お決まりの2次エアも確認する必要ありかと思います。
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/15(水) 08:20:29

>kobさん、U.Sさん
アドバイスありがとうございます^^
とりあえずジェット系のセッティング再確認ということで、プラグを見てみます。
(SJとMJは番数落としてみますね)
また、バキュームホースも点検してみます。
取り付けてからは全然点検していなかったので、kobさんのコメントでハ!!っとしました^^;

前回この症状が出た時は国道357号(東京湾沿い)を走っていたのですが、外気温は路上の温度表示板で4℃だったと思います。
アイシングは完全にエンジンが温まっても出るものなのでしょうか??
========================================
From: どない
Date: 2006/02/15(水) 23:14:42

タスケさん こんにちは
何だ苦労してる見たいですねぇ・・
同じ年代の同モデルに乗ってるって事で書き込みます。
まず アイシングの件ですが、自分も東京在住で前回の雪の翌日まだ雪が溶けきっていない
かなり寒い日に走りましたが、アイシングと思われる症状は、一切ありませんでした。

キャブに関する話題は、他の方から適切なアドバイスがでてるようなので、省くとして・・
以前、あるGSで、給油した後アイドリングがばらついたことがあります(スポスタですけど)
タスケさんのように止まってしまうほどの症状ではありませんでしたが、かなり不安定になり
試しに、他のGSで、給油したところその症状が無くなりました。
その後、確認の意味で前のGSで給油してみると、また、ばらつきます・・
この症状は、夏場にはでませんでした。
通り道のGSなので、いまだにガス欠寸前だと利用していますが、冬場はこの症状がでます。
(別に、格安でも何でもないのですが・・)
粗悪ガスだとは思っていませんが、キャブのセッティングと合わない場合は、エンジンストップ
の原因にもなりそうだなぁと 思ったこともあります。

これが、原因だとは考えにくいんですが・・・ 参考程度にと言うことで

復活 祈ってます ガンバッテ下さい
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/16(木) 08:23:28

>どないさん
良い情報ありがとうございます!!
なるほど〜〜、ガソリンの相性も関係してくるのですかぁ〜〜
これは盲点でした!!
確かに、今考えると納車当時からずっと同じガソリンスタンドで給油していたので、原因の一つかもしれないと思いました。

あと、45°さんから連絡がありました。
負圧コックの中のゴムパーツが損傷してガソリンの出が悪くなります。んで、寒くなると更にゴムが硬化して症状が悪化するとの事でした。
ゴムパーツがどのようなパーツなのかは、オレが負圧コックの中の構造を良く理解していないので分かりませんが、つじつまが合うな〜と思いました。
コックの異常ならいくらエンジンが暖まっても、コック自体は暖まるわけでもないので症状は治まりませんよね^^;

皆様のおかげで段々と原因のイメージがついてきました♪♪
本当に感謝感謝です^^
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/19(日) 21:38:39

続報です。
土曜日にディーラーに行って今回の症状、特に負圧コックを見てもらいました。
色々調べた結果、特に異常は見られないとの事でした><

負圧コックに続いて二次エアーも調べてもらいましたが、吸っているような所は見当たらず・・・
その時はアイドリングも安定していて、全く正常な状態だったのです。
ディーラーメカニック曰く、凄くハイフローな「HI-FIVE」(クリヤキン製のエアクリーナーです。エアフィルターはK&H)が、夜の冷たい空気を一気に吸込んで調子が悪くなるという位しか分かりませんでした・・・

夜や早朝しか症状が出ないってのも嫌ですよね・・・
メカニックさんに症状が出ているときに調べてもらえば、何らかの原因は分かると思うんですがね(つД`)

その前にフローとの油面を調べましたが、特に異常はありませんでした。
また、ジェット系の番数を下げて走ってみましたが、これも普通に走行できました。
(取りあえずジェット系は番数を落として走りたいと思います。SJ#48、MJ#185)

残す原因はアイシングとガソリンの相性、あとはハイフローなエアクリですか・・・

因みに、土曜日夜中に帰宅したのですが、その時も症状が出ました。。。
でも、そこで一つあることに気がつきました!!
走っていると調子が悪くなって、信号待ちでアイドリングが下がってエンストしてしまうのですが、エンジンが暖まってからかどうかは分かりませんが、止まっていると症状が軽減するような感じがしました。
これってのは冷たい空気が流れないから症状が緩和されるんだと思うんですが・・・
っとなると、やっぱりアイシングですかね!?
========================================
From: KOB
Date: 2006/02/20(月) 17:47:40

タスケさん
可能性としてはアイシングが一番疑わしくなりましたね。
そこで提案ですが、エアクリカバーの吸入口部分をガムテなどで塞いでみては
いかがでしょうか?バックプレートとカバーの間に隙間があるのであれば、
そこの部分だけを残して、切れ込みがある所は塞いで走行。
もし、この状態で症状が出ないのであればディーラーの方が言うのが原因かと。
もう1つ・・・ブローバイガスをバックプレートとキャブの間に戻している構造上、
ガスに含まれる微妙な水分が意外と悪さしてるかもしれまんね。
1度ブロ−バイガスを大気解放状態で走行してみてはいかがでしょうか?
もちろんアダプター部分はネジとかを詰めて塞いでですよ。
僕が出来る提案はこれくらいです。。。
========================================
From: FLH
Date: 2006/02/20(月) 19:35:23

都内でアイシングはないと思いますよ。
私は以前負圧コックのゴムが劣化してガスの流量が足りなくなったことがありました。
コックをバラしてスプリングを反対側に付け替え負圧機能を殺したら直りました。
========================================
From: タスケ
HomePage: http://mypage.odn.ne.jp/home/bike_with_tasuke
Date: 2006/02/21(火) 08:18:24

>KOBさん
エアクリの溝を塞ぐのは良いかもしれませんね♪
薄い布で包んでみようかなと思います^^
ブローバイガスの水分が悪さですかぁ・・・そりゃ〜考えもしませんでした><
外気が寒いとガス中の水分がゴムホース内面に結露したりするんですかねぇ・・・

>FLHさん
負圧コックはディーラーで見てもらったので、おそらく大丈夫だとは思うのですが、色々試してどうしても改善されないようでしたらコックをバラして見てみたいと思います!!




関連する記事